Top > 悩み別加齢臭対策 > 口臭対策

 悩み別加齢臭対策 口臭対策

口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法

口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法の口コミ・体験談情報

口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法は、口腔内の洗浄をして細菌を繁殖させない・ニオイの強い食品の食生活に気をつける・ストレスを溜めない生活習慣に改めることです。オジサン臭・オバサン臭と言われる口臭原因は、細菌と揮発性低級脂肪酸です。

口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法を紹介します。
中高年になると、口臭やオジサンの臭いの原因(加齢臭)に悩む人が増えます。
ニオイを消す方法を調べて、早めの予防・対策を行えば嫌な思いをしなくても済みますね。

次に、口臭(嫌な臭いの原因の加齢臭)の原因と、ニオイを消す方法を紹介します。

口腔内の嫌なニオイの悩みは、40歳前後から増えます。

嫌なニオイの原因は、口腔内の細菌と揮発性低級脂肪酸・口腔内の病気(虫歯・歯周病)・内臓の病気などがあります。

口腔内の嫌なニオイの原因が、口腔内の病気(虫歯・歯周病)や内臓の病気によるものか、汚れ(細菌と揮発性低級脂肪酸)によるものかは、病院でキチンと調べることが大切です。

中高年の口のニオイの原因の多くは、虫歯・歯周病・口腔内の汚れ(細菌と揮発性低級脂肪酸)・食事です。

虫歯や歯周病・内臓の病気は、キチンと病院で治療しましょう。
口腔内の汚れ(細菌と揮発性低級脂肪酸)や食事によるニオイは、食前食後の口腔内ケアで改善できます。

喫煙は、口臭と体の臭いの原因の加齢臭に関係しています。
口腔内の嫌なニオイを消す方法の一つとして禁煙も有効です。

口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法と食生活について紹介します。

動物性脂肪の摂りすぎと洗浄不足

動物性脂肪の摂りすぎと洗浄不足は、「細菌」と「揮発性低級脂肪酸」を増やします。

オジサン臭・オバサン臭と言われる中高年特有の口臭の原因は、「細菌」と「揮発性低級脂肪酸」です。

口腔内には、加齢と共に増加する「細菌」と、若いときから存在している「細菌」がいます。
動物性脂肪を抑えた食事と洗浄で、「細菌」や「揮発性低級脂肪酸」の発生を抑えましょう。

食品に気をつけた食生活

にんにく・生の玉ねぎ・生ネギ・アルコール・特殊なチーズなどが、嫌なニオイの原因になることがあります。
ニオイが気になる時は、食品に気をつけた食生活をすることも大切です。

口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法とストレス

口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法では、ストレスに気をつけた生活習慣に改めることも大切です。

次に、口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法とストレスについて紹介します。

口腔内の嫌なニオイとストレスは深い関係があります。
過度の緊張によりストレス口臭が発生します。

精神的なストレスで、口腔内の唾液の分泌量が減少してドライマウスになると嫌なニオイが発生します。
ストレス→ドライマウス→口腔内の細菌が増える流れで、嫌なニオイが発生します。

体から発生する加齢臭もストレスで強くなります。
ストレスを受けることで、過酸化脂質が多く発生します。
過酸化脂質が多くなるとノネナールが増えるので、オジサン臭・オバサン臭が強くなります。

口臭と臭いの原因の加齢臭を消す方法では、ストレスを溜めないこと・ストレスが溜まらない生活習慣に改善することが大切です。

1
HOME
トライアルセット生活