Top > 加齢臭についての基礎知識 > 加齢臭ってどんな臭い?

 加齢臭についての基礎知識 加齢臭ってどんな臭い?

加齢臭の臭いの種類と年齢層

加齢臭の臭いの種類と年齢層の口コミ・体験談情報

加齢臭の臭いの種類には体臭と口臭があります。オジサン臭・オバサン臭が始まる年齢は40歳前後です。中高年特有の体臭の原因は、過酸化脂質と脂肪酸が結びついてできるノネナールです。口臭の原因は、「揮発性低級脂肪酸」と「細菌」です。

加齢臭の臭いの種類と年齢層について概要を紹介します。
加齢臭の臭いの種類には、口臭と体臭があります。
年齢層は中高年以降です。

オジサン臭・オバサン臭といわれる中高年特有のニオイは、40歳前後から始まります。

高齢になってもニオイを感じない人もいれば、30歳代後半頃からオジサン臭・オバサン臭に悩む人がいます。
口臭と体臭が気になる人もいれば、口臭だけ・体臭だけが気になる人もいます。
気になる加齢臭の臭いの種類と臭う年齢には幅があるようです。

次に、加齢臭の臭いと種類・年齢・原因を紹介します。

中高年の口臭には2つの原因

加齢臭の臭いの種類・口臭について紹介します。
気になるニオイが始まるのは40歳前後からです。
オジサン臭・オバサン臭といわれる中高年の口臭には2つの原因があります。

口腔内には年齢に関係なく存在する細菌と、加齢と共に増加する細菌がいます。

中高年特有の口臭には、加齢によって増加する細菌が関係しています。

中高年の口臭の原因には「揮発性低級脂肪酸」も関係しています。

「揮発性低級脂肪酸」は、足のニオイの原因にもなっている物質です。
オジサン臭・オバサン臭と言われる、中高年からの口臭は「細菌」と「揮発性低級脂肪酸」です。

オジサン臭・オバサン臭の原因

加齢臭の臭いの種類・体臭について紹介します。
オジサン臭・オバサン臭の始まりの年齢は、40歳前後が多いようです。
40歳前後から酸化に対する抑制力が低下するため、過酸化脂質が増えるのが原因です。

オジサン臭・オバサン臭の原因はノネナールという物質です。
ノネナールは、過酸化脂質と脂肪酸が結びついて発生します。
中高年になると過酸化脂質が増加するので、ノネナールの発生が増えます。

ノネナールが増えれば、オジサン臭・オバサン臭が強くなります。
若年層は、過酸化脂質が少ないのでオジサン臭・オバサン臭はしません。

アンチエイジングで、過酸化脂質の増加を抑えれば、オジサン臭・オバサン臭で悩むことはありません。
オジサン臭・オバサン臭は、食習慣と生活習慣の見直しで軽減できます。


1
HOME
トライアルセット生活